過去のレポート

スポーツで障がい者と健常者の垣根を無くそう!!

ウィルチェアーラグビーの社会福祉教室を行ないました
2018年1月15日(月)川崎市立南生田小学校4年生の授業で、ウィルチェアーラグビーの羽賀選手、峰島選手と一緒に
社会福祉の授業を行ないました。
ウィルチェアーラグビーについて学んでもらった後、ラン&タックル体験、日常で出来ないと思うことセブンをやりました。
子ども達が、障がいを持っていると出来ないと思うことを7つ挙げてもらい、選手達の話を聞いて考えてもらうという授業です。
工夫や道具を使ったり、皆のサポートで、何でも出来るということを知ってもらいました。
その後は一緒に給食を食べたり、サイン会を行なったり、楽しい1日でした。


障がい者スポーツDAY みんなDEスポーツフェスティバルを開催しました!!
以前川崎体育館があった場所に、新たに「川崎市スポーツ・文化総合センター」(通称:カルッツかわさき)が誕生しました。
2017年10月7日(土)にオープニングWEEKの一環で「障がい者スポーツDAY みんなDEスポーツフェスティバル」が開催されました。
スペシャルゲストの猫ひろしさん始め、様々な障がい者スポーツのアスリートやコーチの皆さんと
市民の皆さんがふれあい、楽しい1日を過ごしました。
イベントの概要やレポートは特設ページをご覧ください。


車椅子ラグビー&アメフト、ブラインドサッカーの体験会を行ないました
2017年5月4日(祝)東京葛飾区水元総合スポーツセンターで開催された
「水元みんなDEスポーツフェスティバル」の中で障害者スポーツ体験会を行ないました。
ウィルチェアーラグビー、ホイールチェアフットボール、ブラインドサッカーの3種目を、
スタンプラリー形式でどなたでも参加出来る楽しいイベントでした。
日本代表や元日本代表のアスリートも参加し、笑顔あふれるイベントになりました。
ご協力いただいた協会、コーチ、選手、スタッフの皆様、
ご参加いただいた葛飾区の皆様、ありがとうございました。


車椅子バスケ&アメフトの体験会を行いました
2016年12月18日(日)宮前スポーツセンターで開催された「宮前ふれあいスポーツフェスティバル」の中で
車椅子バスケ&アメフトの体験会を行いました。
当日は、小学生約160人、バスケ部の中学生約40人の、200名近い子ども達が参加してくれました。
車椅子バスケは川崎WSCから小野寺代表、田口選手、三ツ橋選手にデモプレイを見せていただいた後
子ども達はドリブル&シュートに挑戦しました。
バスケ部の中学生は、パスからキャッチし、シュートまで行くコンビネーションプレイまで体験していました。
車椅子アメフトは、Wheelchair Football Japanの糸賀代表が、楽しいプレイを体験させてくれました。
多くの方々がスポーツ車椅子に触れ、実際に乗り、競技を体験してくれて、楽しい1日となりました。


ウィルチェアーラグビーの試合観戦&体験会を行いました
2016年3月21日(月・祝)に宮前スポーツセンターで開催した「カワサキ・ボーダレス・スポーツ・フェスタVol.2」の中で
ウィルチェアーラグビー(車椅子ラグビー)のスペシャルマッチ&体験会を行いました。
リオパラリンピック出場を決めた日本代表メンバーである山口・羽賀・峰島選手も参加して、
ハイレベルな試合が展開されました。
観戦している子ども達の大きな声での応援が、さらに選手達をヒートアップさせ、会場は大盛り上がり。
試合の後には、参加した選手達から直接指導を受けてランニング&タックル体験。
子ども達が車椅子スポーツを間近に見て、体感できる1日となりました。


Ball Game Festaにアンプティサッカーも参加しました
2015年8月23日(日)に開催された、川崎市とどろきアリーナ開館20周年記念「Ball Game Festa」に
川崎のアンプティサッカー(上下肢切断者サッカー)チーム「アウボラーダ川崎」も参加しました。
この日は、川崎市のスポーツパートナーである5チーム
バレーボール「NECレッドロケッツ」、アメリカンフットボール「富士通フロンティアーズ」
バスケットボール「東芝ブレイブサンダース神奈川」「富士通レッドウェーブ」そして
サッカー「川崎フロンターレ」が参加していました。
現役選手やコーチ、OB・OG達が、川崎市と島根県益田市の200人の子ども達に直接指導するというイベントです。
アウボラーダ川崎は、川崎フロンターレのブースで、12試合ミニゲームを行い、200人の子ども達全員と対戦しました。
体験会では、フロンターレのいとうコーチとバスケの東芝ブレイブサンダース神奈川の“KENGO”選手(現バスケットボール日本代表候補)と
30名近い子ども達による「走る」「蹴る」の練習。
子ども達用のクラッチ(医療用の杖)の長さの調整は、ボランティア参加したボーダレス・チアーズがセッティング。
セッティング方法は、選手控室でアウボラーダの選手やスタッフの皆さんから直接教えてもらい、
見事に短い時間の中でマスターしてくれました。
子ども達の引率もしながら、色々なスポーツの体験も出来ました。
このようなサポートもあり、イベントは大盛況!! とても楽しい1日でした。


2015年5月30日(土)第1回かながわパラスポーツフェスタ
2015/5/30(土)11:00~15:30 海老名運動公園総合体育館で「第1回かながわパラスポーツフェスタ2015」が
開催されました。
13:30~14:00に黒岩神奈川県知事と元フィギアスケーター浅田舞さん、パラリンピック射撃の田口亜希選手のトークショー他
「ポッチャ」「車椅子バスケットボール」「ブラインドサッカー」の体験会も行なわれ、小学生から大人まで
たくさんの方が様々な体験を楽しんでいらっしゃいました。


2015年3月22日(日)多摩川リバーサイド駅伝
2015/3/22(日)多摩川リバーサイド駅伝・ショートの部に、一般のランナーに混じって、
アンプティサッカーチーム「アウボラーダ川崎」の新井選手、西條選手、坂選手、エンヒッキ選手、平賀選手が参加。
平賀選手はアウボラーダのスタッフやBLSPのスタッフとの混合チームのアンカーとして出場しました。
他のランナーや沿道の皆さんのあたたかな声援のおかげで2チーム共に完走。
片脚を失った選手達は、クラッチ(杖)をつきながらのラン。
走っている最中も、他のランナー達から声をたくさんかけてもらいました。
新井選手は沿道の子供達に「あきらめるなー!!!」と大きな声をかけて走っていたそうです。
共に駅伝を走ったランナーの皆さんが、イベントコーナーでおこなったアンプティサッカー体験会に参加してくれました。
「スポーツが好き」な者同士、楽しい体験会となりました。
「見る」「する」「支える」が自然とおこなえた意義のある1日でした。


2015年1月16日(金)川崎市内の小学校でアンプティサッカー!!
2015/1/16(金)川崎市立宮崎台小学校の5,6年生の体育授業及び保護者の方もご参加いただく講演会に
地元宮前区在住のアンプティサッカー・春田和陽選手(FCアウボラーダ川崎所属)が参加しました。
体育の授業では、実際に競技で使用するクラッチを使っての走り方、パス、シュートを全員が体験し
最後は春田選手&先生方vs選抜された子ども達のゲームも行い、プレイするメンバーも応援する生徒達も熱く盛り上がりました。
講演会では春田選手のお話に対して、大勢の生徒からたくさんの質問が寄せられました。
このような機会を作っていただきました宮崎台小学校の校長先生を始めとする先生方、ご来場いただいた保護者の皆様、
一生懸命体験をしてくれた子ども達、どうもありがとうございました。
普段なかなか触れることの出来ない障害者スポーツを、健常者の子ども達も同じように体験し、共に楽しむことで
障害と持つ人と共生できることを意識し、誰とでも協力し合って生きていく力を身につけるきっかけになれるよう
今後もこのような活動を続けていきたいと思っております。


アンプティサッカーワールドカップ2014 メキシコ大会 日本ベスト16!!
2014/11/30~12/7、メキシコ・シナロア州クリアカンで開催されたアンプティサッカーのワールドカップ。
日本代表に、当プロジェクトに参加している「アウボラーダ川崎」から、FPとしてエンヒッキ・松茂良・ジアス選手、
新井誠治選手、細谷通選手、GKとして長野哲也選手、平賀智行選手、GKコーチとして半澤真一監督が選出され、大会に出場しました。
グループリーグは、日本・アメリカ・トルコ・イランの4ヵ国。初戦はアンプティサッカー発祥国・アメリカとの対戦。1-0で勝利。
そして2戦目は、前回ワールドカップ3位のトルコに3-0で快勝。イランが棄権し、日本は首位通過。
決勝トーナメント1回戦はアンゴラとの対戦でしたが、0-1で惜敗。
その後、親善試合やメキシコの子ども達との交流会などに参加しました。
今大会の優勝国はロシア、準優勝はアンゴラ。詳しい情報は 日本アンプティサッカー公式HPでご覧ください。


2014年10月12日(日) アウボラーダ川崎、アンプティサッカー日本選手権2014優勝!!
10/12(日)フロンタウンさぎぬま(川崎市宮前区)で開催された第4回日本アンプティサッカー選手権大会。
昨年惜しくも準優勝だった、アウボラーダ川崎は見事優勝を果たしました。
また、11月末~メキシコで開催されるワールドカップに出場する日本代表メンバーに、
5名の選手、そして半澤監督がゴールキーパーコーチとして選出されました。
川崎から世界へ…。アウボラーダ川崎をこれからも宜しくお願いします。


2014年8月24日(日) 宮前スポーツサマースクールVol.2でアンプティサッカー教室を開催!!
NPO法人ファンズアスリートクラブ主催の“宮前スポーツサマースクールVol.2”で
アンプティサッカー教室を行ないました。
元気な小学生達が参加し、アウボラーダ川崎の選手達が直接指導。
まずはクラッチと呼ばれる杖を使って片脚で走ったり、ボールをコントロールする練習をグループに分かれて行ない
続いては2チームに分かれてクラッチを持った状態でミニゲーム。皆夢中になって白熱した戦いになりました。
最後はクラッチを持たない子ども達とアウボラーダ川崎の選手達との対戦。
日本トップクラスの選手達の素早く激しいプレイに、子ども達はもちろんまわりで見ていらした保護者の皆さんも大興奮でした。