CONTENTS

ボーダレス・スポーツ・プロジェクトでは、下記のプロジェクトを行っています。


①スポーツで障がい者と健常者の垣根を無くそう!!
②スポーツで子どもを取り巻く犯罪を減らそう!!
③スポーツで事故を減らそう!!
④スポーツで元気に長生きしよう!!
⑤スポーツボランティアとして一体感のある社会をつくる!!



①スポーツで障がい者と健常者の垣根を無くそう!!

ハンディキャップスポーツと呼ばれているスポーツも障がい者だけのものではありません。
 健常者も同じ条件で一緒にやってみることで、共に汗を流し、理解しあうことが出来ます。
 新しいスポーツとしてとらえ一緒にプレイすることで、共に楽しめる世の中が創り出せるはずです。


■ホイールチェアフットボール

車椅子に乗った競技者が攻撃と守備に分かれ行なうスポーツ。
 楕円形のボールを持って走ったり、投げたりして相手チームのエンドゾーンへ持ち込み
 獲得した得点を競い合う。1プレーごとに戦略を練り、次のプレーに備える。
 一人ひとりに役割が分担されるので、障がいの度合いによって誰でも参加できるように工夫されている。



■ウィルチェアラグビー(車椅子ラグビー)

車椅子に乗った選手達がぶつかり合いながら敵陣のゴールラインまで運ぶボールゲーム。
 車椅子スポーツで唯一コンタクトが許され、アメリカでは“マーダーボール”とも呼ばれている。
 2000年のシドニーパラリンピックから公式競技になっている。



■ブラインドサッカー

全盲の人や弱視の人が行なう5人制のサッカー。
 転がると音の出るボールを使い、「ボイ(Voy)」と声を出しながらプレイする。
 フィールドプレイヤーはアイマスクをつけて音を頼りにプレイ。
 スピード・パスの正確さ・絶妙なフェイントやシュートなど、視覚障害を感じさせないプレイは
 監督や、相手ゴール裏でゴールの位置や距離、角度、シュートのタイミングなどを伝える「ガイド」など
 目が見える人と選手のコミュニケーションが鍵となる。

今後も、共に楽しめるハンディキャップスポーツを増やし、様々な活動を行なっていきます。




②スポーツで子どもを取り巻く犯罪を減らそう!!

“子ども達の体力低下の改善”“子どもを取り巻く犯罪対策”を目的として
 独自のプログラムを作成しています。
 楽しみながら親子で防犯の知識を身につけ、体力向上も目指していくプロジェクトです。
 防犯スポーツプロジェクトの導入をお考えの方は一度こちらをご覧ください。


■防犯スポーツプロジェクト

〈過去の実績〉
 ●宮前スポーツスクール内で実施 (神奈川県川崎市・消防総合訓練所・川崎市立宮崎台小学校にて)
 ●エスフォルタアリーナ八王子開館式典内スポーツチャレンジで実施 (東京都八王子市・エスフォルタアリーナ八王子にて)
 ●カワサキ・ボーダレス・スポーツ・フェスタ内で実施 (神奈川県川崎市・とどろきアリーナ)
 ●ボーダレス・チアーズACTION!2015(神奈川県川崎市・富士通スタジアム川崎)
 ●宮前ふれあいスポーツフェスティバル(神奈川県川崎市・宮前スポーツセンター)
 ●あおぞらウェルネス(神奈川県川崎市・川崎市青少年の家)

 その他、東京都・神奈川県の小学校での実績多数
 (放課後NPOアフタースクールと協働、川崎市こども文化センター・わくわくプラザと協働)




③スポーツで事故を減らそう!!

自転車交通事故は、いつどこで起こるかわかりません。
 「ルール」などの知識と「走行能力」の両方を身につけ、加害者にも被害者にもならないようにするための活動です。


■キッズ自転車チャレンジ

神奈川県警の指導のもと、自転車教室の指導講習を受講した競技自転車の選手が中心となった講師陣が
 ルール・マナーの知識と、自転車選手による走行能力の指導を行なうイベント形式の自転車安全教室です。
 神奈川県内での開催の場合は、受講者には神奈川県警が発行する「チリリンカード」も発行いたします。

※チリリンカードとは?
 自転車交通安全講習を受講した方に発行されるカード。
 県内の指定の店舗での点検が無料になります。有効期限は1年間。


〈過去の実績〉
 ●宮前平東急ショッピングパーク(神奈川県川崎市) ●宮前スポーツセンター(神奈川県川崎市) ●川崎市消防総合訓練所(神奈川県川崎市)
 ●高津溝の口ガーデンアクアス(神奈川県川崎市) ●幕張メッセ(千葉県千葉市) ●稲毛ヨットハーバー(千葉県千葉市)
 ●新浦安駅前広場(千葉県浦安市) ●神田スポーツ祭り(東京都千代田区)  ●とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)
 ●田園調布学園大学(神奈川県川崎市) ●富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市)  など




④スポーツで元気に長生きしよう!!

スポーツで体力の維持・向上を図り「元気で楽しい生活を一日でも長く送っていただく」ための活動です。
 さらに、楽しみながら友達を作り、新たなコミュニティ作りを目指しています。

〈過去の導入例〉
 ●一般社団法人市民住まい向上委員会「家とカラダのメンテナンス講座」
 ●川崎市幸市民館日吉分館市民自主企画事業「ノルディックウォーキング講座」
 ●川崎市男女共同参画センター「自足歩行年数を延ばすノルディックウォーキング講座」
 ●NPO法人ノーマライゼーション推進会議「介護者レクリエーションとトレーニング教室」
 ●一般社団法人神奈川県スポーツクラブネットワーク「ノルディックウォーキング体験会」  など



⑤スポーツボランティアとして一体感のある社会をつくる

スポーツを「支える」ということは、そのスポーツを知り、楽しみながら、必要とされることを行うことです。
 多世代の人達の仲間作りにもつながります。
 皆で日頃から楽しみながら「スポーツボランティア」を学び、実践することを目指しています。

 私達のスポーツボランティアのチーム名を「ボーダレス・チアーズ」とネーミングしました。
 世代もジャンルも越えて、必要とされ、一体感のある「スポーツボランティアチーム」にしていきたいと思っています。


〈過去の実績〉
 ●横浜マラソン
 ●世界トライアスロンシリーズ横浜大会
 ●SUZUKI エアロビクスワールドカップ
 ●エスフォルタ八王子開館式典
 ●アクアゲームフェスタ
 ●Ball Game Festa
 ●多摩川リバーサイド駅伝
 ●多摩川マラソン
 ●川崎ふるさと場所(相撲)  など